草竹コンクリート工業の土留め用ブロック 各種土工の防災・安全対策に貢献。独自技術で、施工性・安定性や周辺環境・景観面にまつわる質を向上。

法枠

【用途】
法覆工用のブロックで、土工に伴う道路、宅地、鉄道などの法面の浸食・風化・崩れを防止して安定を保ちます。
【枠構成】
法面に棒状のブロックを、亀甲型(法枠U1号)や格子型(法枠U2号・U3号・4号~8号)の枠状に組立て、これを連続させて法面を覆います。
【合理的工法】
組立ては、各ブロックを突合わせた継手部で、各ブロックから突出する複数(法枠U1号は3本、その他は4本)の鉄線を一挙に結束して簡単に行えます。
枠の固定は、継手部の空隙に合端コンクリートを充填して連続する枠全体を一体化します。
法枠U1号・U2号・U3号・4号・5号には、枠の長さや端部を調節する役物ブロックもあり、設置法面への治まりに優れます。
【排水機能】
法枠U1号・U2号・U3号は断面U形、6号は断面L形の溝がブロック上面にあり、また、法枠7号・8号は円形管がブロック内部にあって、枠構成では上下に連続した流水溝又は管となり、降雨を効果的に排水して法面の安定に作用します。
法枠7号・8号には、ブロックの上半部を透水層としたポーラス製品もあり、その透水(ポーラス)部により枠内土砂の含水をブロック内部の管路に取込み排水するもので、枠内を植生緑化する工法に好適です。
【間詰め材】
枠内には色々な材料(本法枠用間詰ブロック、植生緑化、栗石、現場コンクリート等)を間詰めして法表面を保護でき、目的や場所に応じた法覆工を行えます。

〈鉄線結束要領〉49点レジンボード

【バリエーション】

品名 枠組形状 枠寸法(m) ブロックの種類 排水機能
法枠 U1号 亀甲型 六角形 亀甲積み 1辺 0.75 A・B・C
役物あり
上面U形
U2号 格子型 正方形 布積み
谷積み
1.0×1.0
U3号
4号 布積み A・B
役物あり
5号 1.0×1.0・1.5×1.5
6号 谷積み 1.414×1.414 A・B 上面L形
7号 1.5×1.5 A・B・根石 内部管路
ポーラス層
8号 2.121×2.121 A・B

法枠U2号A

法枠U2号B

法枠5号A

法枠6号A

ポーラス法枠7号A

【間詰ブロック】
法枠U2号・U3号・4号・5号による、格子型の枠内に使用します。
1枠内への使用個数が4個の間詰ブロック(9cm・18cm)と、1個のマズメ(割石形15cm・玉石形20cm)があります。
表面模様が、間詰ブロックは凹型額縁状、マズメは擬石の割石調と玉石調で石面をカラーや天石にも仕立てられます。

9cm間詰ブロック

割石形マヅメ15cm

割石形マヅメ15cm天石

18cm間詰ブロック

割石形マヅメ15cmカラー

玉石形マヅメ20cm8石カラー

※『天石』は、草竹コンクリート工業(株)の登録商標です。

法枠1号+間詰栗石/植生緑化

法枠2号+9cm間詰ブロック

法枠3号+間詰植生緑化


法枠3号+割石形マヅメ15cm/天石

法枠5号+間詰栗石

法枠7号+間詰植生緑化

ページトップへもどる