草竹コンクリート工業の一般製品・JIS品 街角のさりげない風景をつくりだし、フレキシブルな使い勝手にあふれた製品群。

境界・L形 曲線用Rブロック

【用途】
歩道巻込み部や道路曲線部で、その曲線半径(R)に沿わせて設置する湾曲状のブロックです。
【特性】
ブロックの種類とR寸法が多彩で、施工現場に応じてきめの細かいカーブセティングが行えます。
ブロック自体が円分状に曲がっていて、交角90度の平面曲線部を標準として、ブロックの使用個数を定めています。
使用個数=半径(R)m×2
この法則から、半径(R)が異なっても、各ブロックの長さは、780mmと一定になっています。

L形300中 L形300

片面歩車道C外R4m

【形状・寸法】
Rブロックの種類と使用個数」に示します。

ページトップへもどる