施工実績 当社はこれまでに、都市が抱えるさまざまな課題を製品や先進の工法で解決してまいりました。ここではそれらのソリューション解決事例をご紹介いたします。

治水・防災事業

河川・貯水池などの堤体を洪水の勢いから守る、治水・防災用各種ブロック。
張ブロック・連節工・積みブロック

50□10斜張スベラン

  • 施主 : 農林水産省 九州農政局 有明海岸保全事業所
  • 現場 : 有明海東部 矢部川・塩塚川堤防改修工事
  • 施工延長 : 約700m(2段法面)

有明海東部地区海岸保全施設整備事業は、九州農政局有明海保全事業所が行う農林水産省の直轄事業で、老朽化した有明海岸保全施設の補強・改修を行い、台風・高潮等の水害を防ぎ後背地の農用地を防護して、地域住民の生命・財産を守ることを目的としています。
50□10斜張スベランは、本事業の堤防舗装工(陸側)/裏法面被覆工の主要資材に採用され、「地域を守る海岸整備」「防護・環境・利用の 調和のとれた環境整備」推進に貢献しています。

50□12ギセキ張

  • 施主 : 宮内庁 京都事務所
  • 現場 : 宇土墓外堤護岸工事
  • 施工面積 : 1,120m2

斜ハリ12×100×200・割石形ハリ15㎝100□12割石張

  • 施主 : 大阪府泉州農と緑の総合事務所
  • 現場 : 大野池改修 張ブロック工事
  • 施工面積 : 5,460m2
                    斜ハリ12×100×200=1,980m2
                    割石形ハリ15㎝100□=2,395m2
                    12割石張=1,085m2

設計展開図

ページトップへもどる

斜張スベラン

  • 施主 : 大阪府茨木土木事務所
  • 現場 : 安威川護岸
  • 施工面積 : 約9,250m2
                    河口付近でめくれ・凹凸起伏・植物育成などが発生して老朽化した張ブロック
                    護岸を約37,000個の『斜張スベラン』で改修。
                    草竹独自の施工方法でスピードアップ。(詳しくはこちら

作業の様子を見る

草竹考案の、専用「吊り金具」「結束金具」が、施工スピードを高めます。

【吊り金具】

  • 仮ヤードにストックされた多数のブロックを、機械力を下に設置法面へスピーディーに撒くばって、小運搬の手間省きます。
  • 金具には「1個吊り」と「4個吊り」があります。「4個吊り」は、複数のブロックを一挙に搬送でき荷役効率がアップします。
  • 設置法面の勾配に合わせて、ブロックを吊り上げられます。

【結束金具】

  • 水平棒を取っ手とするT字形の金具で、先端に鉄線を差し込む矩形板を設けています。
  • 設置した4個のブロックの隅切部で、各鉄線を結束します。
  • 各ブロックから突出する4本の鉄線を、矩形板の穴(4ヵ所)にそれぞれ差し込み、取っ手を回転させて一挙にねじり合わせます。
  • 矩形板の穴は、裏面側にテーパ部があって鉄線を呼び込み易くなっています。
  • 操作が簡便で、確実な連結と効率アップが図れます。

ページトップへもどる

50□10斜張スベラン

  • 施主 : 国土交通省 九州地整 遠賀川河川事務所
  • 現場 : 穂波川 天道地区護岸
  • 施工面積 : 1,483m2

ページトップへもどる

斜ハリ12×100×100・割石形ハリ15㎝100□

  • 施主 : 大阪府泉州農と緑の総合事務所
  • 現場 : 光明池改修 張ブロック工事
  • 施工面積 : 2,538m2
                    斜ハリ12×100×100=1,374m2
                    割石形ハリ15㎝100□=1,164m2

設計展開図

ページトップへもどる

連節工

  • 施主 : 国土交通省 近畿地整 大和川河川事務所
  • 現場 : 曽我川護岸
  • 施工面積 : 約1,700m2

設計展開図

ページトップへもどる

フヘキ1号ブロック・50□10斜張スベラン

  • 施主 : 国土交通省 九州地整 遠賀川河川事務所
  • 現場 : 遠賀川 菰田地区護岸
  • 施工面積 : 約1,072m2
                    フヘキ1号ブロック=476m2
                    50□10斜張スベラン=596m2

設計展開図

 

一覧に戻る

ページトップへもどる